​令元ソフトウエアについて。

田舎の小さな会社。。。いや、個人事業。

茨城県結城市という郊外でどこまでやれるか挑戦してみたい。

令元というのは、開業したのが令和元年だからです。(代表がガンダム好きで、アムロ「レイ」と「ガン」ダムを足して二で割ったとか。。。)

RayGun、直訳すると光線銃ですね。まぁ、由来は諸説ありますが、令和元年です。

この年、我々はスタートを切りました。(我々と言っても一人ですが。)

業務アプリケーションを軸に、様々なアプリケーションを開発していきたいと思っています。

​それでは、よろしくお願いいたします。

​代表の杉田よりご挨拶。

ホームページを見に来て頂き誠にありがとうございます。

私は、足利工業大学 工学部 経営情報工学科出身で、経営学と情報工学を同時に学んできました。

経営学の方はさっぱり覚えていませんが、情報工学を学び、気晴らしに吹奏楽部で打楽器をガンガン叩いていました。

当時、携帯電話のアプリを開くと「Java」という文字が出てきました。私は携帯のゲームを作りたかったので、Java言語を学んできました。

就職するとBtoBの業務アプリケーション開発に携わりJavaによるWebアプリケーション開発をメインに実務経験を積みました。

​まだまだ未熟者ですが、皆様よろしくお願いいたします。